※この対応は、あくまで一つの「めやす」です。学校からの連絡をご確認ください。
  また、災害発生時や悪天候の場合は、テレビのテロップ等でも情報が流れますので、併せてご確認ください。
 

他国からの弾道ミサイル発射に伴うJアラート警報発令時の対応について

1,Jアラート警報が登校前に発令された場合
 (1)自動的に自宅待機といたします。【電話連絡網や緊急メール配信は無し
 (2)政府からの情報により、弾道ミサイルが日本上空を通過した後に、テレビ・ラジオで「ミサイルが●●海に
   落下した」との情報を確認した後、自動的に登校開始といたします。【電話連絡網や緊急メール配信は無し

2,Jアラート警報が登校中に発令された場合(防災行政無線等により発令を確認できた場合)
 (1)自分のいる位置によって自宅に急いで戻るか、そのまま学校へ急いで行くか、近くのできるだけ頑丈な建物
   に避難する。(各家庭で確認をお願いいたします)
 (2)自宅へ戻る、または建物に避難した場合は、上記1.(2)と同様に、テレビ・ラジオ、防災行政無線等に
   より「ミサイルが●●海に落下した」との情報を確認した後、登校再開といたします。
    【電話連絡網や緊急メール配信は無し
   なお、いずれも通常の登校時刻に間に合わなかった場合でも遅刻扱いにはいたしません。全校児童がそろった
   時点で授業を開始いたします。

※その他
  児童が学校で活動している時間帯にJアラート警報が発令された場合については、学校では以下の対応をとりま
 す。
 (1)ドアや窓はすべて閉めて、ドア、壁、窓ガラスから離れる。
 (2)校庭やグラウンドにいる児童は速やかに校舎内に避難させる。
 (3)校外で活動している児童は近くの建物などに避難させる。
 (4)下校直前の時間帯の場合は、下校(帰宅)を一時中断し、校舎内に待機させる。下校中の場合は学校か自宅
   の近い方へ急いで避難するか、近くの建物に避難する)

 
学校情報
 

公式ポータル「学びと遊び」