教育目標

一.健康安全に心掛け、強健な体を持つ人
二.能率を考え、知識と知恵を活かせる人
三.広い視野を持ち、常に生活の前進を図る人
四.自他を認め合い、大きな心で愛せる人
 

学校経営の方針

(1)目指す学校像~
①生徒の人間的なふれ合いを大切にする学校
②先生も生徒も互いによさを認め合い,活気に満ちた学校
③保護者と一体となり,地域から信頼されいつでも開かれた学校

(2)目指す教師像~
①生徒の味方になり常に愛情を忘れず,信頼される教師
②丁寧な指導に心がけ,情熱を持って共に汗を流す教師
③ブロの教師として専門的力量を高めようと努力する教師

(3)目指す生徒像~
①明るく誰にでもしっかりと挨拶のできる生徒
②思いやりがあり,笑顔を忘れず相手の立場になれる生徒
③何事も正しく判断し,生活の前進を図る生徒
 

今年度の 重点課題

(1)研修を基盤として,学習規律の徹底,学び方の指導,家庭学習習慣の支援,を中心に,学ぶ意欲を高め,基礎的・基本的な学習内容の確実な定着を図りながら,言語活動などの指導を通して,生徒の能動的な学習活動を広げ,生徒の自信につなげます。

(2)学校行事,学級活動と生徒会活動,部活動を中心とした活動を通して,生徒の主体性と自立性を高める望ましい集団活動を学年,分掌間が連携して校内外で活発化させながら,生徒の自信と学校の一体感を高めます。

(3)特別な支援を必要とする生徒へのきめ細かな個別の指導を,外部機関とも連携しながら,全校の協力体制の中で具体的に進めます。
 

研究主題

『学力向上を目指した言語活動の充実』
 

地域・生徒・学校の実態

 校区には、市立図書館や生涯学習センター、博物館などの文化施設、厳島神社などの寺社が多く、また、春採湖や釧路川、太平洋などの豊かな自然環境にも恵まれた地域です。
 生徒達は、挨拶がしっかりとできる、明るく素直な生徒が多い学校です。
 

特色ある 教育活動

(1)学校周辺のコスモス街道の取り組み 
(2)「桜を守る会」の取り組み
(3)生活リズムチェックシート「Hop Step Jump」による生活改善
(4)放課後学習「まなび舎クラブ」 
(5)朝タイム(読書・学習)の推進
(6)幣舞体操の取り組み 
(7)キャリア教育

学校周辺のコスモス街道の取り組み
      キャリア教育(修学旅行での上級学校訪問) 
 
 

学校概要

本校は、平成16年4月1日に、釧路市立弥生中学校と釧路市立東中学校が統合して、新生「釧路市立幣舞中学校」として開校した学校です。
両校は釧路市内でも最も古い、各々57年の歴史と伝統をもった中学校でしたが、近年の全国的な傾向でもある「少子化」の波には勝てず、
地域の理解と協力を得て、統合に至りました。

その伝統は、昭和22年に釧路市初の新制中学校として南中学校(旧弥生中学校)が現在の本校の所在地に、
東中学校が現在の教育大学釧路校のある城山の地で共にスタートしたところから始まります。
昭和26年には東中学校は学芸大学釧路分校(現教育入学釧路校)代用附属中学校となった時代もありました。
昭和28年に、当時の南中学校の校舎の一部を間借りする形で、東中学校が現在地に移転しました。
その後南中学校が弥生町に移転し、校名を「弥生中学校」に変更しました。
平成16年4月からその両校が統合することになり、「縁」の不可思議さには感慨深いものがあります。

本校は、南に太平洋、北に阿寒岳を望む釧路市の東南の高台に位置します。
周辺には鶴ケ岱、春採の二つの公園があり、眼下に眺めることのできる春採湖には天然記念物のヒブナも生息する、自然環境に恵まれた地域です。
校区には住宅地が多く、また、小・中・高・大の各学校や図書館、博物館、埋蔵文化センター、生涯学習センターなどがある
釧路市の文教地区であり、教育環境にも恵まれています。

釧路市が輩出した建築家の毛綱毅曠氏の設計による斬新な校舎のもと、充実した中学校生活を目指し、
生徒・教師ともに努力を重ね、高い成果をあげています。
 

校  歌

校     歌

 

作詞 宮川 正男

作曲 石丸 基司

 

朝明けわたる 春湖の岱に

新しい風は生まれ ここに集う

風波光る 太平洋の

彼方へと希望を広げ ここに学ぶ

 

高め合う理想 求め行く真実

若い心に みなぎる

勇気よ誇りよ 歓びよ

 

夕焼け映える 市の未来の

栄えを築く 力湧き上がる

この庭に育つ 生命燃やす者よ

おお 我等

我等が 釧路幣舞中学校



JASRAC許諾番号:E1507173207
 

生徒数・学級編成

 
学級数
1年生
3
43
30
73
2年生

34
30
64
3年生
3
41
47
88
特支
4



※平成30年4月現在
※人数は特別支援学級を含む