J・アラート警報時の対応について

 8月29日(金)の朝、J・アラートが一斉に鳴り、皆さんも驚かれたことと思います。学校では登校前に2度の連絡網を回しましたが、連絡が徹底できない場面も確認できました。安心メールも2時間遅れの到着となり、今回の辞令を受け、暫定的にジェー・アラート警報時には連絡網が回らなくても自宅待機いたします。登校再開時は連絡網で時間の確認を致しますので、対応の程、よろしくお願い致します。

ジェーアラート警報時の学校の対応.pdf
 

緊急告知防災ラジオが設置されました

 FMくしろより、釧路市に緊急告知防災ラジオが寄贈されました。これは、電源を常時入れておくと、災害時にアラームが鳴り、自動的に防災放送が入るラジオです。災害時には通常のラジオとして情報収集ができるものです。本校が大津波避難施設となっているため、本校もいただくことができました。早速、職員室に設置しました。ラジオ放送が鳴らないことを願いますが、緊急時のために色々な備えをしておくことは大事ですね。
 

お知らせ

この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。

地震・津波など災害時の対応について

 地震や津波など災害時の学校としての対応をお知らせ致します。なお、大事なことは災害時において、どのような場所であったら、「どこに避難する」ということを各家庭で話し合い、お子さまと確認していただきたいと思います。

地震・津波時の学校の対応.pdf
 

悪天候時の緊急連絡体制

災害時対応

 
震度5強以上
津波発生時
登校時
 安全を確保しながら家または学校に向かう。
 教師は状況を見て通学路の点検を行う。
 速やかに近くの高い建物に避難する。
在校中
 危機管理マニュアルに沿って対応し、
 学校待機とする。安全が確保されてから
 下校とする。
 危機管理マニュアルに沿って対応し、
 校舎3階に避難して学校待機とする。
 安全が確保されてから保護者への
 引き渡しを行う。
放課後
 臨時休校が基本だが、発生時刻により登校  する場合もある。下校時は登校の対応と同
 様とする。
 臨時休校が基本だが、発生時刻により登校  する場合もある。下校時は登校時の対応と
 同様とする。